石忠 有限会社 相川石材店

神奈川県横須賀・三浦半島の墓石・ペット墓石販売・霊園【石忠/相川石材店】

墓石の豆知識・Q&A

墓石の豆知識・Q&A

HOME >  インフォメーション  > 墓石の豆知識・Q&A

墓石の豆知識

日本は古来、先祖代々、家族の継承を大切してきました。その象徴が「お墓」でもあります。

命日や年忌の節目節目に故人を偲び、ご先祖への感謝の気持ちを捧げましょう。

最近では核家族が多くなり、自分の生活圏の近隣に新たに墓地を購入する人も増えてきました。

墓地の種類

「墓地を買う」というのは、霊園などの一定区間の「永代使用権を取得」することです。

契約によって管理費を納め、規則を守れば半永久的に子孫に相続できますが、その土地を購入するのではないので、

相続税などはかかりません。墓地には次のような種類があります。

  • 公営墓地

    自治体が所有する墓地で、宗派を問わず民営に比べれば割安ですが、その分人気があり、購入が難しくなっております。応募や使用に関して条件や規則があるので、まず自治体の霊園課にお問い合わせを行います。

  • 寺院墓地

    寺院内にある墓地で、その寺院によって管理運営されています。葬儀や法要に便利で、管理・供養の面でも安心ですが、原則として檀家以外の使用は認められません。価格も様々です。

  • 民営墓地

    公益法人や宗教法人などによって管理運営されている墓地で、多くは宗派を問いません。公営に比べて申し込み条件や規則は少なく、区画(墓基)や形態なども自由ですが、価格は高めです。管理体制や運営主体の信頼性など慎重に選ぶようにしましょう。

  • 公園墓地

    公営、民営いずれも、緑の芝生や広場や遊歩道が調整されるなど、公園風の明るい雰囲気の墓地です。墓石も古来の形式より、自由にデザインされたものなどが多く見受けられます。

  • お墓の種類

    お墓の種類

    お墓には、霊園や寺院に見られるような「墓石」のほかに「納骨堂形式」もあります。墓石には和型・洋型・和洋折衷型、オリジナルのデザイン墓石などがありますが、これらは宗派や故人、家族の考えによって選ばれるものです。納骨堂はもともと墓ができるまで遺骨を預かる場所でしたが、最近では墓地を持たない人も増えているので、納骨堂そのものが永代納骨、永代供養のシステムをとるようになってきました。ロッカー形式や棚式など形態は様々です。墓所と同様に永代使用料を払いますが、より安価になっており、法要も行えます。

よくいただくご質問

  • 永代使用権はずっと続くものなのでしょうか?

    代替画像

    お墓を継ぐ方がいる以上は大丈夫です。お墓を継ぐ方がいなくなると墓地規約により、無縁墓となり更地になってしまいます。

  • 納骨はどのようにするのでしょうか?

    代替画像

    骨壷を直接納骨いたします。花立や香炉の石を外しますと入れ口がございますのでそちらに納骨いたします。

  • 生前にお墓を建てることはできるのでしょうか?

    代替画像

    生前にお墓を建てることは古来中国では縁起の良いこととされておりました。最近では、家族や親族に負担をかけたくないとの理由から建てる方も増えてきております。

墓石のことは、相川石材店にお任せ下さい。